おはようございます

今回募集される牝馬の中ではかなり高額な部類になるんですが、ロードカナロアの種付料考えたらそれもやむなしですね。

それでは、今回もよろしくお願い致します。

プラスヴァンドームの2020
 父ロードカナロア
 母父Dubawi
栗東・武幸四郎厩舎 3,800円 4/18生まれ
社台ファーム
体高19.5、胸囲171.5、管囲19.5、体重450

コメント
【基礎情報】
Mr.Prospector 4×5のクロス持ちで母16歳時の10番仔で4連産目。

【兄弟】
2番仔のStyle VendomeはGI仏2000ギニーとジュベル賞の2つの重賞勝ち馬。種牡馬としても重賞勝ち馬を複数出していますね。
3番仔Prestage Vendomeは仏2000ギニーで2着するなど母国フランスで活躍馬を多数輩出。
ただ、やはり日本では少し重たいのかディープ、キンカメと付けていますが未だ産駒の勝ち鞍はない状態ですね。

【ファミリーライン】
ファミリーラインで注目したいのは曽祖母のDomino Queen。
産駒から重賞勝ち馬のDobby Roadを輩出。
祖母Mediaevalは未出走も産駒からListedレース2,3着のあるMaroon Machineと母に当たるプラスヴァンドームを産み落とします。
そしてプラスヴァンドームからは上記の2頭。

フランスにおいてかなり優秀な牝系と言えそうです。

【5代血統表等から一言】
5代血統表を分解しますと、
父ロードカナロア
母父Dr Fong(その父Kris S.)
母母父Meddaly(その父Highest Honor)
母母母父Primo Dominie(Nearco系)
母母母母父Chief Singer(Bold Ruler系)

そう、サンデーサイレンスがどこにもいないんです。
そして母父にはパワータイプのKris S.
ボトムラインもBold Rulerでパワー
余談ですが、Highest Honor(というよりはゼダーン-グレイソヴリン)は平坦ローカルの鬼なんて表現をされますね。

NearcoはNorthern Dancerやサンデーサイレンス等、近代競馬の祖。持ってて当然の血なのでスルー。

このことから、懸念されるのかスピードが足りるのかどうか問題ですよね。
ここを紐解く為にはクロスの観点かな、と。

5代血統表では分かりづらいですが
この馬、Nasrullahが大量にいる血統構成で、相性が良いとされるPrincequilloも4本。
所謂ナスキロが7代血統表に4組あることに。
加えて、父のカナロアにはStorm Catもいて、牝馬。スピードや切れ味は申し分ない馬になりそうです。

ただ、割とパワーに寄ってる血統構成だと思うので、メインの舞台というよりは函館に小倉、福島、なんかの開催後半外差し合戦で台頭しそうな感じするんですよね。

ロードカナロアではあるんですが、ハイエストオナー(ゼダーン)がいるので、ここが出てくるなら多少距離は持っても良さそうで、1600-2000くらいの距離をこなせても良いのかなぁ、と。

将来的に、小倉大賞典とかクイーンS、福島記念やらその辺りを走れる仔になってて欲しいなぁ、と。

その目標点に対してやや怖いのはボトムラインにいるWild Riskで気性の激しさを伝えると言われていて脚質というか距離適性を限定する作用がある事ですかね。

短距離なら短距離で走れる舞台が多いので、それはそれで堅実に稼いでくれそうなのが良いなぁと思いますけどね。

はい、お値段的にどうしても桜花賞!オークス!みたいなこと考えたくなるところですが
個人的にはタイプがやや異なると思ってますし
なんといっても社台の育成なのでゆっくり馬の成長に合わせて古馬になってからが勝負かなって。

そんなふうに考えております。

この子については以上ですね。

明日は今回の500口募集馬で最高値のスカイダイヤモンズの2020。
ノーザンファーム育成のアメリカ血統繁殖初仔。

シルクかキャロットで募集して欲しかった(違

お値段が強気なのは出来の良さ故でしょうからとても楽しみですね。

ではでは!また明日もよろしくお願い致します。