皆様、おはようございます
あっしーです。

あんまり名前言わないので、もはやお前誰やねんってなってる頃かな?と思い

それはそうと、勝手に募集馬見解というタイトルを買えたりなんだったりしてみました。
ポルノグラフィティが好きなだけなんですけどね←

気が向いたら直したり直さなかったりなんだったりすると思います笑

まぁそれは置いといてダイワメジャー産駒です。
いつか出資したいと思いつつ、シルクキャロでは必ず人気するので私には縁がなさすぎたお父さん。

まさかのここでチャンスが巡って参りました。
もちろんサイズ感等をみてにはなるんですが
今のところチカリータの20とこの仔は行きたいな、と思っておりまして。

うん、まぁあれだよね
どうせ動画見たら気持ち変わるから余分なこと言うのはやめておきます←

取り敢えず今日もよろしくお願い致します!

エレクトラムの2020
 父ダイワメジャー
 母父High Chaparral
美浦・手塚貴久厩舎 1,800円 3/2生まれ
ノーザンファーム
体高153.0、胸囲153.0、管囲19.0、体重406

コメント
【基礎情報】
Northern Dancer 4×4、母9時の2番仔で2年ぶりの産駒登録。

【兄弟】
初仔のチュウワエンジェル(父ハーツクライ)は未勝利戦を2400mの距離で逃げ切り勝ち。
2番仔はまだデビュー前ですが、モーリス産駒ですし、相応に期待されてる繁殖なんだと伺わせますね。
完全に余談なんですが、1番仔の中西オーナーと2番仔の寺田オーナーって勝負服似すぎですよね←

【ファミリーライン】
一貫してヨーロッパなのがさすがだなぁと思うわけですが、この仔もまた欧州の名牝系の一族です。

5代母Midgetはフォレ賞やモーリスドゲスト、コロネーションCなど、今であればGⅠクラスと言われるレースを計5勝の名牝。
繁殖としても優秀で、17戦15勝のMoon Jetやクラス分け前なのでGI勝ちとかではないですが、チヴァリーパークSを制したMigeなどを産みました。
代表産駒は4代母にあたるMa Bicheで英仏2ヵ国で2歳牝馬チャンピオンに輝くなどGⅠ4勝。

Ma Bicheの参加や孫、ひ孫たちも頑張ってまして
産駒からは英・UAEで計13勝を挙げたKassbaan、
孫世代からは重賞勝ち馬が2頭にListed勝ち馬が3頭
ひ孫世代にはGⅡ勝ち馬で本馬の母に当たるエレクトラムの他、Listed勝ち馬が2頭。

Midget,Ma Bicheのような超大物はいないものの、定期的に活躍馬を輩出しており、それなりのアベレージを誇る一族と言えそうですね。

【5代血統表等から一言】
この母父との組み合わせに飛びつく人も多いのではないかと思う組み合わせなんですが
ダイワメジャー×High Chaparralの代表産駒は現代の1勝馬最強決定戦(牝馬部門)で圧勝しそうなシゲルピンクダイヤ。
さらにもう1頭、2歳OP勝ちの後、阪神牝馬Sで2着に入り2勝馬ながらOPで互角に渡り合っているアマルフィコースト。
勝ちきれないながらも高いレベルで安定した産駒を輩出。
その他、中央デビューした産駒8頭中4頭勝ち上がり。
勝ててないうちの1頭は話題の藤田オーナー5億円ホース・ドーブネ戦の3着馬レッドベスティアですから遠からず勝ちきってくれそうな予感もあり。
相当にアベレージの高い組み合わせでもありそうですね。

血統表を読み解いていくと、
父ダイワメジャー
母父High Chaparral(その父Sadler's Wells)
母母父Inchinor(その父Ahonoora)
母母母父Mister Baileys(Robert系)
母母母母父Key to the Kingdom(Bold Ruler系)

で、My Bicheまでは割とアメリカ色の強いお父さんをつけられていることが特徴的ですね。
Inchinorの父Ahonooraはスプリンターでしたが、産駒からドクターデヴィアスを出したようにAhonooraの母方がうまく作用するとスタミナの供給源となることもあり、Inchinorの代表産駒もフランスオークス勝ち馬のLaticeに英国際Sなど中距離GⅠを複数制したNotnowcatoを出しています。
そこに母父High ChaparralでSadler's Wellsのスタミナ源供給という構成ですから
ダイワメジャー産駒の割に距離は持ちそうな印象。

2400ー3000とは言いませんが、1600m-1800mはこなせそうな印象ですね。

ダイワメジャーといえば、CaerleonにBlussing GroomがニックスでSadler's Wellsとも好相性であることが知られています。

エレクトラムは母父High ChaparralはSadler's Wellsの直仔ですからこれは面白そうですね。

先行押切型で産駒にも父の影響が現れやすいダイワメジャー産駒なのでそこまで考えなくても良いかもですが、一応牝系を見るとSadler's Wellsにナスペリオン1本、Kasoraにナスキロ1本、3代母のBlodwenはナスキロ1本

まぁ牝馬系に4本のNasrullahがいるので、スピードを逆ささえしてくれないかなぁ、と思うわけです。

元が東京コースが得意なダイワメジャー産駒で更にナスペリオン、ナスキロを多く持つ母の影響で前目につけて持続力を発揮する際にさらにスピードが乗ってきそうな期待感もあり、ここも楽しみですね。

以上です!
次回更新は多分火曜日かな?
気が向いたらもうちょい早く出しますが、Owaseyfの20で、まずはSaxon Warriorから分解していきたいな、と思っています。

Saxon Warriorは欧州とは言えディープ産駒ですし、思ったより日本で合う、みたいなことになったら面白いですよね。

はい。それでは、引き続き、よろしくお願い致します!