この記事をUPするのが朝なのか昼なのか夜なのか
分からなくなってきたのでまとめて挨拶してやろうと思います

おはこんばんちわ

なんだっけこの挨拶、とか思いながらなんだかんだで4本目。
たくさんレースに出てくれるってめちゃくちゃ幸せですね。まだあと2頭も残ってます笑

今日はシルク募集時には小さすぎて人気なかったのに、募集がでかくなりすぎて逆にDDSP発症しちゃったお茶目なリンドラゴくんのレース振り返り。

この子に関しても過度な期待をしていたわけではないので、何か次につながるレースを見せてくれたら嬉しいな、とかなんとか思ってまして。

よく頑張ってくれたな、というのが結論なわけでございますが、まぁこれ以上変に語ることなくしっかりと見直していきたいと思います。

それではリンドラゴくんのレースをチェーケラウッ!
IMG_7613
11/20(土) 阪神6R 新馬戦
5枠7番 リンドラゴ​ (戸崎圭太騎手) 10番人気

人気の中心は、Hunter's Light産駒のホウショウルイーズに半姉ヴェールクレールが優秀なトーホウディアマンなどでしたが、ずば抜けた良血馬がいたわけでもないことなどあってか、混戦模様でしたね。

リンドラゴくんは調教師も懐疑的なコメントが多く、前日段階では3番人気も最終的には10番人気にまで落ち着きました。
この辺りは一口っ子の定めですね。

まずはパドック。
FullSizeRender
あまり期待はしないように、と常々出走馬のパドック見るときは思ってるんですが
たしかに横比較で見たときに若干劣るものの人気ほど悪くはなさそうだな、というのが私の感想でした。
どことなく緩さを感じさせますし、写真のように物見していたりはするんですけど、首や腰もそこそこ使えてスピード感のあるパドックで。
もう少し後脚が伸びやかに動くなら芝でも見てみたい気がする感じのパドック。

対戦相手で言えば抜けて5.ツヴァイシュテルネがよく見えました。
次いで、8.クローズユアアイズに13.ドンフクリン、6.トーホウディアマンとかそんな感じで。
馬券圏内とは言わずとも、掲示板ならワンチャンあって良くないか?とか思ってました。

さて、レースです。

FullSizeRender
スタートは少し立ち上がる感じで出遅れ気味。
致命的にスタートが下手って感じではないので、次走は修正できると思うんですが、とりあえずこのレースでは出遅れましたね。
故に、レースは後方から展開することになります。

FullSizeRender
スタート後300m付近
この時点では後方3頭目。
二の脚はあまり早くないタイプなのかな?とか見てたんですが、リンドラゴくんはここから少し光る部分を見せてくれます。
FullSizeRender
450m付近かな?
特に抑えてるわけでも促してるわけでもなく、馬也に先行集団に追いつくようなスピードを見せてくれています。

そして、コーナー入り口付近
FullSizeRender
遂に先行集団の後ろにまで追いつき、
FullSizeRender
コーナーでいい感じに捲り上げて先行集団を捉えられそうなポジションを確保します。
写真だとどうしても伝えづらいんですが、ここのスピード感はなかなかのものがあり、もしかすると上位に食い込めるのでは…!?みたいな期待感のあるレースを展開してくれていました。

ですが、我々は思い出すことになるのです。
この子の癖を。それがこちら。
FullSizeRender
誰にも邪魔されてないのに1頭だけ、綺麗に曲がれておりません笑
…マキバオーのデビュー戦かな?西村騎手と山本菅助騎手の手の動き全く同じです笑FullSizeRender

そして、そういえば調教師がこんなこと言ってたよな…とか思い出すわけです。
FullSizeRender
これを読んだ時の私はまさしくこうだった、というわけです。
IMG_7639
この子、本当に曲がれないんですね…笑
まぁそんな話は置いといて!
流石にここで一度曲がるために追うのを止めたりしていますし、めちゃめちゃ外に膨らんでしまったので
ものすごーくいい感じで来ていたんですが一気に着順を落とすことになります。
FullSizeRender
一気にブービーへ。
残すは直線、350m。

ただ、ここで終わりなのかな?と思いきやまだまだ頑張れるところを見せてくれたのがこの後。
FullSizeRender
残り200mまでの150mで一気に着順を10番手くらいまで追い上げもう少し頑張れそうなスピード感を見せてくれます。
FullSizeRender
残り150m付近
1頭かわして9番目。前を行く4頭を視界に捉え、ワンチャン掲示板も…?という期待感を持たせてくれるリンドラゴくん。
FullSizeRender
残り80m付近
更に2頭を捉え、7番手浮上。いける…!?と思ったのも束の間。
5番手集団と脚色が同じになってしまいました。
まぁ忘れてましたけど、出遅れ→向こう正面追い上げ→コーナー膨れてブレーキ→再加速
とか意味のわからないレースしてるのでね笑
それは止まりますよねって言う笑

最後はなんとか1頭かわして6着に上がるのが精一杯
FullSizeRender

こんな感じのレースでしたね。
しかし面白いものをたくさん見せてくれたなー、上手くハマれば勝てそうだな、と思う一方で
コーナーだったりスタートだったり、もっといえばDDSPの症状だったり、課題点が非常に多そうだ、と言う点も多々あって。

なんとなく前々からちっちゃいね、かわいいね🥰
みたいに見てた子だったんですが
今は、君は大きくなっても手がかかるんだな、全く
可愛い奴め、しっかり走って…?🥺

みたいな感覚でやっぱり可愛く思えてしまうわけで笑
これからのリンドラゴくんに期待したいな、と。
そう思っています。
では、最後に走破タイムとレースラップです。

走破タイム…1.26.7(リンドラゴくんは1.28.7)
レースラップ…12.5-11.4-12.2-12.4-12.4-12.7-13.1
リンドラゴくんの上がり3F…39.6

比較対象として前週日曜の未勝利戦(グットディール戦)と、前々週の2歳未勝利戦(カラフルキューブ戦)のラップタイムを。

グットディール戦
走破タイム…1.26.0レースラップ…12.2-10.9-11.7-12.3-12.7-13.1-13.1

カラフルキューブ戦
走破タイム…1.25.9
レースラップ…12.2-11.3-12.1-12.4-12.1-12.7-13.1

ここから先は数字で冷静に。
レース質としてはカラフルキューブ戦の劣化版と見るのが適切でしょうね。
スタートの立ち上がりがややゆっくりで、それでいて上がりはかかっている。

リンドラゴくん事態の走りは2F-3F目で他馬を一気に追い抜いて先行集団に追いついたあたり、グットディール戦に近いラップを踏んでいたのかな?と。
13.7-11.2-12.1-12.1-13.8-12.5-13.3?

コーナーのロスがなければですが、5F分くらいは長くいい脚使えてるんですよね。
ものすごく早い脚は使えてないんですけどね。

となれば、本質的には消耗戦で台頭する短距離先行馬タイプだろうな、と。
そう考えるならば今日のスタートは本当にもったいなかったな、と言う印象でここが変わればタイムも一気に変わってくる気がしますね。(コーナー得意じゃないので、先行してスピード乗せすぎずに遠心力を最大限抑える努力をしたいと言う意味でも)

今の走りの感じだと、距離には限界がありそうですね。何よりカーブが増えるのがキツいです。

加えて、ここまでコーナーで膨れてしまうなら左回りを試してみてもらいたいですね。
今の時期だと冬の中京開催で先行策を是非とも。
スタートがどうしても上手くいかないなら東京の大箱走らせるしかないかな、と思いますが
一度そこは試しつつになるかな?と。

いずれにせよ、お世辞にもレースレベルは高いとはいえないレースで脚を使い切っての6着。
変わり身の余地は大きいとは言え、過信は禁物。
次走はまた違った魅了を見せてくれたら嬉しいな、などと思ったりしております。

はい、それではこの辺で!
引き続き、あっしー厩舎のお馬さん応援のほど、よろしくお願い致します!