おはようございます
はい、気づいたらもう夜でした、こんばんは。

最近更新時間が不定期だな、と思ってるそこのあなた
ごめんなさい、ほんと寝落ちしたり仕事してたりで書ききれてないです
勝手に募集馬検討の方がやること決まってて書き溜めやすいんだな
ということに最近気づいている次第でございます。

まぁそれはそれとして
キセキです。

ジャパンカップがラストランのお気持ちで引退レースや…!がんばれ…!なんで応援してましたけどしっかり有馬記念も出るそうです笑

次は何しでかしてくれるか楽しみですね笑
またしても予想の◎と馬券がズレるあたおか予想しなきゃいけないやつですね
困ったものです╰(*´︶`*)╯♡

はい、嬉しいです
たぶんクロノジェネシスあたりが勝ってまた馬券外すんだけど、それでも良いのです。
出てくれてありがとう

さて、今日ですが
広尾っ子のご報告!なんですが
流石に9頭は多すぎる。
ということで、既走組と未走組を切り分けて
それぞれについて既走組を今日、
未走組と3歳馬たちを明日
という分類にしたいと思います。

それでは、本日も宜しくお願い致します!

1.ドグマ(武幸四郎厩舎)
父:キタサンブラック,母:ショウナンカラット
FullSizeRender

もうね、ドグマくんはこのブログ読んでくれてる人ならご存知のお馬さんで
我が厩舎に記念すべき1勝目をプレゼントしてくれた特別なお馬さんです。
それが大好きだったキタサンブラック産駒というおまけ付きなんですから本当に何があるか分からないしこの趣味続けてて良かったな、と。

そんなドグマくんは我が厩舎に本当にいろんな経験をさせてくれていて。
初OP戦、初重賞、初ルメールに初武豊。
うん、すごい。

調教ではデムーロさんも乗ってくれてますし、武幸四郎調教師の期待の大きさが伺えますね。

直近ではかかり癖が出てきていて
やや短い距離へのシフトを箴言されるも
ここで短いところに変えたら戻せなくなる
という幸四郎調教師の判断から、一度リフレッシュ放牧に出ることに。
私はこの判断を支持したいと思っています。

現時点で、次のレースに関する言及などはなく
精神面を含めた成長を待ちながら、次戦に備えていく流れ。

ここまでとても頑張ってくれましたからね。
なかなかにハイレベルなレースを2つ消化していますし、無理をさせることで将来を潰してほしくもないですから2-3月を目処に、しっかり成長したドグマくんで改めて立て直してくれたら私としてはそれで満足ですね。

一先ず、いろんな楽しみをありがとう
ゆっくり休んで怪我のないようにね
とだけ伝えたいな、と思います!

2.アリシアン(加藤征弘厩舎)
父:エピファネイア、母:ベネディーレ
FullSizeRender
エピファネイア確実に値上がりするよね?
そう考えたらこの子めちゃくちゃお得では…!?
と思って即出資を決めたのがこのアリシアンちゃん。

実際にカタログで馬体を見てもアシタカに次いで2番目によく見えた。みたいなこともあって、この子だけは絶対に行くぞ、とかなんとか。
(アシタカ争奪戦はネットが繋がったものの、無念のキャンセル行き)

デビュー前はオセアダイナスティを1.0追いかけて0.2先着するなど中々のパフォーマンスを披露していて。
オセアダイナスティがその直後に7馬身差の逃げ切り勝ちをしたことから新馬戦は抜けた1番人気で4着。

レースでは新馬戦らしからぬペースに戸惑って追走で一杯になっての4着。個人的にはペースも早かったし、慣れたら変わるんじゃないかな?とか思っていたんですが、調教師さんは即座にダート変更を提案。

そのダート戦でもあまり良いところは見せられず、追走で一杯になり9着。
その後は使い詰めるよりもリフレッシュを、ということで放牧に出て、少しソエが出たりしたものの大事には至らず。
今はトレセンに復帰して、12月の中山開催での復帰を目指してトレーニング中。

休養期間中に、
・パワーに溢れた走り
・ワンペースで走るタイプ
・立派な馬格でストライドも大きい(コーナリングや器用さは他馬に譲るかも)
・本質的には芝の中距離だが、ワンペースなところを補うためにダートという選択肢も?
なんて話も出ていて。

このあと、どこを使うかわかりませんが、まずは一つでもいい着順を狙ってほしいですね。

個人的には、東京・中京の芝のワンターンコースを使ってもらって、逃げ先行で早め先頭で押し切るスタイルを試してほしいな、とは思いますがどうでしょうかね。先日のリフレイムみたいなイメージですね。
あの子も瞬発力<<パワーだと思うので。

あとは今の芝が荒れた阪神コースもこの子向きな気がするんですけども…これは決まったことなので仕方ないですね。

何せよ、調教だけ走れば決してこんな成績で終わる子ではないと思ってますので、引き続き馬券も含めて狙い続けていきたい子だな、と感じています。

3.ルーシッド(牧浦充徳厩舎)
父:ダンカーク、母:スイートマカロン
FullSizeRender
ルーシッドくんは、私がかつてPOG本でその馬体に惚れ込んだ芦毛の怪物グランソヴァールくんの全弟。
ということもあって、馬体見る前から出資を決めていたお馬さんです。

育成段階から、馬体のバランスの良さなどを褒めてもらえることの多かったお馬さんで、人に従順・いい意味で大人しい。なんて言われてました。

そう、3月まではね!

その当時はなんとも思いませんでしたが、
怪しいコメントが出始めたのはチャンピオンヒルズに移動してから。

移動直後に、
・どこか集中力を欠く感じ。というコメントが。
他馬に先駆け、4月にはトレセン入り。ゲート試験を受けるなど世代屈指の順調さを見せていた中
・4/29 ゲート試験不合格
・5/6 ゲート試験不合格
・5/28 3度目の正直で無事合格→放牧へ。

そしてこれも今となっては、ですが
・6/30 前向きさが出てきた
・7/14 坂路にて持ったままで54秒台。急な良化にビックリ
・7/21 馬の性格が変わったかと思うくらい前向きに。併走持ったままで終点まで走る気を見せ53秒。

そして、トレセンに戻り
・坂路ではいいタイムでるが、コースではタイムが出ない
なんて話が出るように

そして注目の新馬戦。この子の本性が明らかになります。
まずは結果から。
12頭立て11着。タイムオーバー。

現地で見ていた私

しんばせん たいむおーばー もうなれた

うん、なんかそんな気はしてたので心穏やかでした笑

そして、コメントがこちら。
幸騎手
ゲートを出てくれず、道中も肩ムチを入れているのに一生懸命に走ってくれませんでした
高柳先生
返し馬ではスピードに乗っていましたので大丈夫かと思っていたのですが、競馬ではまったく本気で走ってくれませんでした。実際、上がりはケロッとしていたほどですから…

そうです、この子は天性の気分屋だったのです。
さてはお主…私だな!?とかなんとか思うレベルですよ、えぇ。ちゃんと毎朝決まった時間にブログアップしろよな、まったくー(違

その後、タイムオーバーでしたし放牧に出て
チャンピオンヒルズの方からは
馬場だと前向きさに欠けるのは、おそらく坂路以外は本気で走らなくてもいいと馬が勘違いしているからなのでは
今朝、周回コースで半マイル52秒程度。今日は一周目から馬にやる気があり、ちゃんと動いてくれました。勢いがある時とそうでない時の差が激しすぎるということは、やはり子供っぽさが抜けていないということ
本馬の場合はおそらく集中力がカギ。
などなど、この子の本質をついたコメントが。

うん、決めたよ。
君は今日から我が厩舎のゴールドシップだ。
そうだ、そうしよう。

気分が乗った時だけでいいんで、しっかり走ろうな?
私もブログ頑張るからな?
お願いします、神様。

こんな感じの子で、何やら愛着が湧いて参りました。
手がかかる子ほど気になるって、世の中不条理ですよね←

気づけばこの子に時間割きすぎてたので次いきたいと思います笑

4.カリグラフィー(田中克典厩舎)
父:ロゴタイプ、母:コートリーラッシュ
FullSizeRender
この子はお母さんの名前がラブライブの…(以下略

いろんな出資したくなるポイントがあるものだな、と思わされたものです。一口馬主、オソロシア。

はい、少し時間もなくなってきたのでシンプルに。

正直に現段階において一番の悩みの種はこの子で
田中先生がかなり時間をかけて体制を整えてくれたんですが
パドックで立ち止まってしまうなど若さを見せていて、このままでは競争馬として成立しないのではないかな…という不安を感じています。

出資した子が走るのが早い遅いなどというのは、めちゃくちゃ気にしてるかといえばそうでは無くて、いろんな理由であるにしても自分が何か気に入って出資したわけなので、みんな頑張れ!怪我なく無事にやるんだぞ?の精神なんですね。
あ、いや、もちろん早い方が嬉しいですけどね?ドライスタウトくん最高だぞ?

まぁふざけてないで本題に戻しますが、精神的な問題があまりに大きいと、この子が引退した先のことを少し心配してしまうのですね。
勝つ・負ける・引退などは仕方ないにせよ、サラオクでいい方に買っていただけたり、乗馬や繁殖などで第2の馬生を送ってもらえたりしたらいいな、と思ってしまうのです。

今は、ワコーファームさんで
・改めて一から扶助を馬に理解させる
・精神的なものが大きい
・しっかりと時間をかけて整える
などの状況。

私としてもこの子が走るところは見てみたいですが、
先のレースでの様子を見るとそれもやむなしかな
と思ったりしますので
この子の成長に合わせつつ、まずは一つずつ課題をクリアしてもらいたいですね。

そして、叶うことならば、レースで一つでも上の着順をとれるようになったカリグラフィーちゃんを目にする日を楽しみに待ちたいと思います。

はい、本日は以上でございます。

待て待て、お前サクソフォン忘れとるぞ?と思った
あっしー厩舎ファンの方がいらっしゃればそれは超上級者。褒めてあげたいレベルなのでTwitterで宣言してください←

またしても冗談なんですが、
この子については今週末の出走が予定されていますので、土曜日に1頭取り上げてご報告をしたいな、と思っております。

決してサボりすぎて時間がなくなったわけじゃ…ないん…だから…ね?笑

明日も明日で諸々記載して参りますので、引き続き、よろしくお願い致します!